見たことのない世界へと

何気ない日常となんちゃらかんちゃらを

英語での月の略称と月の名称の起源とか調べた。

スポンサーリンク

1月から12月までの英単語とさらに略称について

英単語 略称
1月 January Jan.
2月 February Feb.
3月 March Mar.
4月 April Apr.
5月 May May
6月 June Jun.
7月 July Jul.
8月 August Aug.
9月 September Sep.
10月 October Oct.
11月 November Nov.
12月 December Dec.

略称を書くときは最初の3文字とコンマを付けるのがルールになる。
逆に5月のMayは略称ではないのでコンマが要らないってことになるわけだ。

月名の語源

1月の語源

1月のJanuaryの語源は一年の終わりと始まりの境界に位置し、1月を司る神Janus(ヤヌス)に由来しているそうな。
終わりと始まりということから過去と未来を見ているってことになり顔が2つある。過去と未来を見てるっぽい。
f:id:kita0909:20170604104124j:plain:w200]

2月の語源

2月のFebruaryの語源はフェブルウス (Februus)毎年2月に執り行われた慰霊祭フェブルアーリア (Februalia) の主神で、2月

3月の語源

3月のMarchは軍神Mars(マルス)に由来。ローマの暦は3月から始まって2月に終わる。新年の始まりの3月は軍事行動の始まりからマルスを讃えたそうな。
女性でいうとヴィーナス。男性でいうとマルスって感じらしい。
男を表す♂この記号は本来はマルスを意味してるらしいよ。

4月の語源

4月の由来は2つあって。
1つ目はラテン語のaprilis、意味は開くという意味。花が開いたりするさまからそう呼ばれたという説。
もう1つは 神様のAphrodite(アフロディーテ)からの由来。美しい季節である4月。そしてアフロディーテは美の女神。そこから関連して4月はアフロディーテに捧げたという説

5月の語源

5月のMayはとなりのトトロめいちゃんから由来して…
ローマ神話のMaia(マイア)からの由来、5月は暖かくなって緑豊かになる。Maiaは豊穣の女神なのでそこからの由来だそうな。西洋では5月1日はメーデーと呼ばれMaiaに供物を捧げて祝っていたそうで。

6月の語源

Juneは女性の結婚生活を守護する女神で、主に結婚、出産を司るJuno(ユーノ)が由来しています。実は女神の最高位らしい。結婚とかを司るから6月に花嫁が結婚式を挙げてユーノの加護をもらうことから、June Brideっていう風習ができたんだね。

7月の語源

Julyは古代ローマ暦を制定したJulius Ceaser(カエサル=シーザー)が自分の誕生月から付けた。彼の有名な言葉として「賽は投げられた」「ブルートゥス、お前もか」などがあるね。

8月の由来

AugustはAugustus(アウグストゥス)の誕生月から付けられました。カエサルの養子でパックス・ロマーナを実現したすごい人。語りたいくらいすごい人なんだけど求められてないと思うのでやめておきます。

9月の語源

ラテン語のSeptem(7)からの由来。まさかここに来てただの数字から由来するとは…なんの面白みもない。9月なのに7な理由はさっきも述べたけど古代ローマ暦は3月スタートだったから、3月から1,2と数えると9月は7番目だから。日本はシンプルに数字+月で読むからややこしいね。

10月の語源

同じくラテン語Octo(8)からの由来。8本足のたこもオクトパスって呼ぶからそれ関連で覚えやすい。

11月の語源

はい、同じくラテン語のNovem(9)からの由来。まさかまさかの12月も・・・

12月の語源

はい、同じくラテン語Decem(10)からの由来。

まとめ

最初はローマ神話とか歴史上の偉人から付けられたのに後半はそのまんま数えただけっていうね。最初から数えてつけたら楽だったのにっていうのは言わないお約束。