読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見たことのない世界へと

何気ない日常となんちゃらかんちゃらを

男の香水の付け方を紹介します!ふんわり香らすにはこうだ!!

今日はデートだから気合を入れて香水買ったぞ~
これで女の子もメロメロや。

良い匂いをさせるためにいっぱいつけちゃえ、シュッシュッシュ~

はい、とまぁそんなに付けたら臭すぎです・・・

 香水はほんのり香らせることで周囲に好印象を与えることが出来ます。

すれ違った瞬間、少し体が近づいた瞬間などに香らせることが出来れば女性も

「ほんのり良い香り・・・素敵!! 」

となるかもしれません。

というわけで、今回は香水をほんのり香らせるための方法を紹介したいと思います。

f:id:kita0909:20161219203412j:plain

男の香水の付け方!!

まず最初に

とりあえず匂いが消えたら嫌だから、服や身体にいっぱいつければいいんじゃないですか?

いやいや、匂いが消えたら嫌だという気持ちは分かりますが、

これだとふんわりどころか、激臭に変わってしまうかもしれません。

香水を消臭スプレーか何かと勘違いして、むやみやたらにシュッシュと吹きかけてしまうのは一番NGな行為です。

外でならまだ大丈夫かもしれませんが、食事の場などで激臭が漂うと周囲に多大な迷惑をかけてしまうので注意しましょう。

2~3プッシュは多い!1プッシュでOK!

f:id:kita0909:20161220035102j:plain

まず最初に香水は1プッシュのみで十分香りが付きます。

たった1プッシュだけで良いんですか?

はい香水は基本的に1プッシュだけで十分です。

スプレータイプの場合15センチほど身体から離して1~2秒吹きかければOKです!ずっと吹きかけると凍傷になる恐れがあるので注意!

 

本当にワンプッシュで十分なのか?

f:id:kita0909:20161220040358j:plain

鼻は同じ匂いかぎ続けるとその匂いに対して麻痺しちゃいます。

付け終えたあとになんだか物足りない気がして付け足したくなるかもしれませんが、周囲からすれば十分香っているので安心してください。

 

また後にも説明しますが、香水は温度の高いところに付けることで効率よく匂いを発生させることが出来ます。男性の場合は女性よりも体温が高いので1プッシュでも十分なのです。

付けたあとに自分でも分かるくらいに匂いがする場合はほとんどの場合付けすぎなので気をつけてくださいね。

また注意するべきポイント

f:id:kita0909:20161220034513j:plain

香水をつけてからその部分を擦るのはNGです。

香水の匂い成分はとてもデリケートなので、擦った際に香りの粒子がつぶれてしまったり、擦った際の摩擦熱で香水に含まれるアルコールが揮発してしまい香料が飛んでしまうため、香りのバランスが崩れてしまいます。

香りを長持ちさせるためにも付けてから擦るという行為は控えましょう。

また香水をつける際は身体を清潔にしておきましょう。清潔にしておかないと本来の良い匂いが臭くなってしまうかもしれないので要注意。

香水を付ける場所

はいはい!手首と首筋でしょ?

まぁあながち間違いじゃありませんが、今回はほんのり香らせたいということなのでその部位は置いておきましょう。

 

香水は体温が高いところに付けよう!

f:id:kita0909:20161219203839p:plain

先ほども言いましたが香水にはアルコールが含まれており揮発性があります。温度の高いところにつけることで効率よく揮発させることが出来ます。

では、温度の高い部位とは?

首、耳の裏、ひじ、手首、腕、胸元、ウエスト、足首

 

などは基本的に温度が高いとされています。

脇も温度高いんじゃないの?体温計挟むし!!

脇も確かに温度は高いですが、汗をかきやすい部位です。そうした場合汗の匂いと香水の匂いが混ざり、場合によっては臭くなってしまうので、脇は避けましょう。

じゃあ脇以外の場所全部に付ければ良いのですか?

いえ、全てに付けるとほんのりどころではないのでやめましょう。

ポイントは下半身です。

f:id:kita0909:20161220030135j:plain

匂いと言うのは下から上に昇っていきます。

つまり下半身に香水を付けることで、ほんのりとした香りを演出することが出来るのです!

 

では下半身で香水を付ける部位はどこでしょうか?

ウエスト

膝裏

足首

この三箇所がおすすめです。

ウエストは人の鼻に近すぎず、遠すぎないベストな距離です。

おへそと腰にワンプッシュずつ。または

ウエストの左右へとワンプッシュずつで構わないでしょう!!

膝の裏、足首は汗をほとんどかきませんので付けやすい部位です。

  • こんなところにつけて意味があるのか?

と思うでしょうが僕は足首と膝の裏のみに香水をつけて友達に会ったときに香水つけてるか分かるか尋ねたら。ほんのりだけど分かると言われました。

その時は室内だったので、より分かりやすかったのかもしれません。

 また、常に立っている状態で人と会うわけではなく座っている場合なども考えると膝裏と足首は付けておきたいです。

 

NGな部位

髪の毛

f:id:kita0909:20161220032015j:plain

髪の毛につければふんわり香らせることが出来そうですが、アルコールが含まれているので痛んでしまいます。気にしない方は良いかもしれませんが・・・

 

f:id:kita0909:20161220032531j:plain

香水の成分には光毒性というものが含まれていることがあります、光毒性とはそのままの意味で、光に当たると反応して皮膚に影響を与えることだそうです。

シミの原因にもなるので直射日光の当たる場所につけるのはおすすめしません。特に顔なんかにつけたら大変なので注意です。

 

また皮膚が敏感な人は

f:id:kita0909:20161220034647j:plain

男性でも本当に肌が敏感な人は香水を付けただけでかぶれてしまうなんてこともあります。

その場合はハンカチやコットンに香水を付けポケットに入れておくと良いでしょう。

皮膚に付けた際は服が匂いをうまく抑えほんのり香らせることが出来ますが、直接服につけてしまうと香りが強くなりすぎます。またシミの原因にもなりかねないので要注意。

 

香水を付けるタイミング

f:id:kita0909:20161220023249j:plain

匂いを長持ちさせたいから家を出る前とか、人に会うギリギリでつければいいんじゃないですか?

いえ、それはNGです。

当たり前ですが香水は付けたてが一番匂いがきついです。

その状態で人に会うとほんのりどころか、

「あ、こいつすごく香水つけてきたな」

って思われてしまうのでやめましょう。

一番ベストなタイミングは香らせたい30分前につけることです。そうすればふんわりほのかに香らせることが出来ます。

 

香りは時間がたつにつれて変化する。

香水をつけて10分くらいの香りをトップ・ノート、少し時間が経って20分から30分ぐらいの香りをミドル・ノート、大分時間が経って消えてしまうまでの香りをラスト・ノートという。変化の仕方や早さは、濃度や商品によってさまざまだそうな。

TPOをわきまえましょう

f:id:kita0909:20161220034830j:plain

いくらほんのり良い匂いでも時と場所を考えなければマナーが悪いです。

図書館、自習室、試験会場などの集中する場所

人の家にお邪魔する時

お葬式などの祭事

などで香水を付けることはあまりおすすめできる行為ではありません。 

アマゾンでおすすめの香水

f:id:kita0909:20161220034926j:plain

今までで僕が使ったことのある香水を紹介したいと思います。

といっても香水は匂いを嗅がないと分からないのであくまで参考までに・・・

シーケーワン EDTSP 100ML

シーケーワン EDTSP 100ML

 

 カルバンクラインの香水で僕が現在使っている香水ですね。

爽やかな香りで、自己主張が激しくない?感じの香水なので気に入ってます。

あとはカルバンクラインというブランドと、量の多さが気に入ってますね。

アックス(AXE) フレグランス ボディスプレー キロ 60g

アックス(AXE) フレグランス ボディスプレー キロ 60g

 

 これは中学生、高校生の時に使ってました。

色んな種類がある中で、この匂いが一番気に入りました。値段も500~600円、ドラッグストアで買えるので学生の僕は愛用してました。

ブルガリ プールオムエクストレーム オーデトワレ 100ml

ブルガリ プールオムエクストレーム オーデトワレ 100ml

 

 ブルガリの香水です。

柑橘系の香りなので周りに嫌な印象を与えることがないですね。

ただ1つ、貧乏学生の僕には高いのであまりヘビロテできないのが・・・

まぁそれでも安いほうなんでしょうけど・・・

まとめ

好印象を与えるために香水を使っているのに、付けすぎで度を越してしまい不快感を与えてしまっては元も子もありません。

僕も中学生の頃に良い匂いをさせたいと、スプレータイプの香水を買った際にどう付ければいいか分からず

とりあえず制汗スプレーのように体中にむやみやたらに吹きかけたことがあります。

その結果どうなったかはご想像にお任せします。一言で言うなら「テロ」ですよね。

今となっては黒歴史なので、こうやって香水の付け方の記事を書いて多くの香水初心者に、僕のような黒歴史を歩んで欲しくないと思い書き上げました。少しでも参考になれば嬉しいな。

スポンサーリンク