読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見たことのない世界へと

何気ない日常となんちゃらかんちゃらを

幕末志士の最高に面白いおすすめの動画を紹介します。

f:id:kita0909:20160609131933j:plain

キタです。

以前も幕末志士が面白いという記事を書いたのですが、それだけでは幕末志士の面白さが伝わらないと思い、今回は動画を紹介しようと思います。本当に笑いたい方は参考にしてみてください

幕末志士とは?

幕末に活躍した2人の偉人、坂本龍馬と西郷隆盛が倒幕のためにゲームをしています。話し方もゲーム中は江戸時代の人のようにござる口調ですね。代表作は「奴が来るシリーズ」坂本さんは饒舌な人で、西郷さんは誘い笑いがすごいです。ただの会話でもこの誘い笑いで笑わずにはいられません。

こちらの記事もどうぞ。

http://okaneis.xyz/2016/05/18/post-485/

奴が来るシリーズ

これはマリオ64という64のゲームで、出現した1UPキノコはマリオを追いかけてくるという仕様を活かした遊び方です。1UPキノコに追いつかれる前に赤コインを8枚ゲットして最後にスターを取ればクリア。今のところ6まであり全部面白いんですが特に私は3,4,5が好きです。この動画が初期なので、これを見てから幕末志士はどういうものか知ってください、2人の性格と関係性をある程度知っておいたほうが後半に紹介する動画がさらに面白くなります。

 

スマブラ

気づけば1000万再生を突破し、ニコニコのゲームランキングでは1位を独占しています。今までも十分有名だった幕末志士をさらにもう一段階有名にさせた神動画です。最初見たとき言葉通り腹筋崩壊をおこしました。2年近くたちますが、100回近くは見ました。冗談抜きでニコニコで見る動画がないときは見ています。本当に神動画です。こうやって説明している際も見たくなってきました。

 

マリオカート

スマブラに次ぐ神動画。再生回数では劣りますが、おもしろさはほとんど変わりません。2画面に分かれているので見づらいですが全然大丈夫です。今までの動画の中でも坂本さんのキャラがより際立っていてもっと好きになりました。西郷さんのゲームのうまさもさらに知れる動画です。

 

FF7実況クラウド&バレット

今回は幕末志士の坂本と西郷ではなく、FF7に登場するクラウドとバレットを演じています。2人の掛け合いが絶妙で笑えます。

進撃の巨人

公式により進撃の巨人とコラボしてプレイ実況をされているようです。シリーズというほど動画をアップされていないのですが、おすすめです。

くにお君シリーズ

おそらく二人が昔から好きだったゲームなのでしょう。2人で楽しそうにプレイされています。昔からあるくにおくんの実況よりかは最近のくにお君が好きで特にくにおくんサッカー実況プレイが一番好きですね。

ノスタル志士

坂本さんと西郷さんの幼少期をゲームにした動画です。すごく面白いんですがそれと同じくらい泣ける動画となっています。ネタバレになるので詳しくは言えませんが、悲しいですね。ノスタル志士2もありますがこちらもさらに幼少期が詳しく描かれています。有料のチャンネル会員限定の動画にノスタル志士αもあり私はこれが1番好きですね。

 

幕末ラジオ(小学生スペシャル)

週に1度、チャンネル会員限定でラジオをしているのですがこの第28回だけ一般会員でも全部見られます。小学生の頃の2人がテープレコーダーに吹き込んで遊んでいたものを流して恥ずかしさに悶えています。小学生の頃から才能があったんだなぁと感心しました。本当におもしろいですが2人のことを何も知らない状態で見てもおもしろくないかもしれないので他の動画を見てから見たほうが良いです。

 

KAWARA-BAN

こちらはゲーム実況ではなく坂本さんがひたすらニュースを読み西郷さんに無茶振りする動画です。現在のチャンネル会員限定の幕末ラジオでやっている感じと似ていますね。西郷さんが頑張っている動画です。ちなみにチャンネル会員限定ラジオを見たい方は見ておいたほうがいいかもしれませんね。

 

決める!幕末志士のセンター数学ⅠAⅡB

こちらもゲーム実況ではありませんが、2人がセンターの問題を独自の視点から解くという動画です。2人のセンスに脱帽したのと、少し数学に興味が出ました。実は坂本さんは北海道大学なので賢いんです。いろいろなゲーム実況で見せる頭の回転とトーク力は頭の良さからきてるんですね。

 

まとめ

 

他にもおもしろい動画はたくさんあります。今回は厳選したものを紹介しました。投稿動画数自体は他の実況者さんと比べると少ないかもしれません。もしもっと2人の動画や会話を見たい方は有料のチャンネル会員になれば週に1度の幕末ラジオや、今までの幕末ラジオのアーカイブが見られるの、考えてみてくださいね。

スポンサーリンク